>>doves 『Snowden』
a0023620_0304612.gifまいど!というわけでDovesの『Some Cities』からのシングルカット第二弾。PVのなかではいくつか印象的なシーンが挿入され、彼らの政治的な姿勢の一端を伺い知ることができる。
[PR]
# by yuichikov | 2005-05-14 00:33 | >Music
>>Dogville
a0023620_116103.gif
ひさしぶりに時間が空いたのでDVDを数本借りてきて観ている。
まずはじめに観たのは、以前から気になっていた『ドッグヴィル』。役者たちを心理的に追い込むのはディレクターであるラース・フォン・トリアーの十八番だが、今回も巧みに追い込むことに成功している。だいたいが映画というよりは演劇に近いのもこの監督の特徴。この映画のなかでは物理的な境界面を、わざと「描かない」ことで、その意味を改めて問うている。
本来ならそれぞれの場所には家が建っていて、当然そこには壁があり、扉があり、内部空間があるのだが、この映像の中でそれらはすべて取り払われてしまっている。そうした時に浮き上がってくるのは人の心の弱さだ。これは決して醜さではない。人は誰しも弱いのだ。そうすることでこの映画は、人間という生き物をもう一度愛してみようじゃないかと誘っているようでもある。
[PR]
# by yuichikov | 2005-05-09 00:23 | >Movie
>>Wilco "Yankee Hotel Foxtrot"
a0023620_2383059.gifメインストリームを嫌いひたすら我が道を歩むWilco。CDが一時発売を取り消されたものの、インターネット上のファイル交換を通じてMP3音源が出回ることになる。そしてそれらに対するファンの反響が非常に大きかったことから、発売にこぎ着けたといういわく付きの一枚。以前からの実験的な音使いもさることながら、ジャケットのイメージそのままのアンニュイな空気がすべての曲を貫いている。どちらかというと冬に聴きたいかも。なんでこの時期になって紹介してるんだろう…。ウーム。
[PR]
# by yuichikov | 2005-04-25 02:49 | >Music
>>nitram+nunca returns!!
a0023620_227318.gifnitram+nuncaが帰ってくる!
サイトの一時的な閉鎖にはいってからはや二月とちょっと(もっとか?)。
予告の時期がすぎてもなかなか再起せず、やきもきしていたけれど、それは期待の裏返しです。
しかしそれはタカジロウさんのこと。きっと僕の期待などゆうにとおりこした超ステキサイトをお目見えしてくれるにちがいありません。
トップページが変わっていたので、いよいよか!?という感もするけれど、ファンはおとなしく静かに待ちましょう。
なんたってここはMacを愛する紳士・淑女のためのウェブサイトですから。
[PR]
# by yuichikov | 2005-04-25 02:33 | >Tool
>>Lemon Jelly 『Lost Horizons』
a0023620_1712970.gif打ち込み系の音楽というと、生の楽器演奏に比べて、作り手の体温を伝えにくいように思う。それだから繰り返し聴いているうちに音の単調さに飽きてしまったり、ということが僕自身よくある。
そこへきてこのFred DeakinとNick Franglenのコンビには、ある種の生暖かさのようなものが漂う。生暖かさ、と書いたのは、それがときには肌にまとわりつくような湿度を伴った暖かさであったり、またときに優しく抱きしめられるような温もりだったりするからだ。
つい先日彼らのニューアルバム『64-95』がリリースされたばかりが、この生暖かさは旧作『Lost Horizons』でこそより味わうことができる。その甘美なアンサンブルに、「Just beautiful!」と思わず叫んでみたくなる。
[PR]
# by yuichikov | 2005-03-10 17:14 | >Music
>>doves 『Some Cities』
a0023620_2202837.gifついに発売。
左の画像をクリックするとCD全曲試聴ができます。
[PR]
# by yuichikov | 2005-02-20 22:02 | >Music
>>思春期のオムニバス--ふたつのビデオ作品
a0023620_2254027.gif以前書いたDovesの新作『Black and White Town』のビデオからのクリップである。思春期の少年たちの枯渇的な映像をつないだ作品で、彼らのやり場のない怒り、焦り、不安などが淡々と描かれている。
おなじくこどもに焦点をあてたビデオにSigur RósのUntitled 1があるが、これも本当に完成度の高い作品で、まるで短編映画を観ているような感覚へと引き込んでくれる。
a0023620_23384693.gif舞台は近未来、雨ではなく灰が降りしきる世界。こどもたちは外で遊ぶのにも防塵マスクを身につけなければならないのだが、表情を失ったかのような彼らは凶暴ともとれる遊び方をする。ただしそれは殊更悲観的な映像とはならず、幻想的な黒い雪ダルマやマスクの呼吸口を介してのキスシーンなどは切なくも微笑ましい。どちらのビデオも子供なら誰しも持つであろう、どこか得体の知れない「暴力への衝動」がとても純粋に描き出されているように思う。ぼくらもこういった時期を乗り越えておとなになってきたのだと思うと、すこしゾッとしてしまうが、昨今ニュースで取り上げられる幼児虐待などの事件を思うとおとなになりきれていないまま親になってしまった悲劇のように感じられてならない。

>>画像をクリックするとそれぞれビデオのファイル形式を選択するページへジャンプします。
[PR]
# by yuichikov | 2005-02-11 23:45 | >Music